2020
02.14

短期賃貸物件って何? 一般的なアパートやマンションとの比較

部屋を借りるときは一般的なアパートやマンションだけではなく、必要な期間だけ利用できる「短期賃貸物件」を借りるという選択肢もあります。
短期賃貸物件とは、一般的に1週間から数か月間の短期的な滞在者のために提供されるものです。通常の賃貸物件とホテルの中間のようなポジションですね。
短期賃貸物件とは一体どのようなものなのか、また、どのようなメリットやデメリットがあるのか、ここでお伝えします。

1.短期賃貸物件と一般賃貸物件の違い

メリット・デメリットの前に、アパート・マンションなどの通常の賃貸物件と、短期賃貸物件との違いをお伝えします。

1-1.短期賃貸物件は敷金や礼金がかからない

短期賃貸物件は、礼金や敷金がかからないことが多く、初期費用が抑えられるメリットがあります。
通常の賃貸物件であるアパートやマンションを借りるときは、1年以上の契約が前提とされています。そして、初期費用として大家さんに払う礼金、敷金のほか、クリーニング代や不動産会社に支払う仲介手数料などが発生します。例えば家賃が5万円の部屋を借りるとしたら、15~20万円程度は用意しなくてはならない場合があります。
しかし、短期賃貸物件は礼金や敷金が不要なことが多く、初期費用を安く抑えることができます。

1-2.短期賃貸物件は家具や家電が備え付けられている

通常の賃貸物件であるアパートやマンションを借りる際は、室内に何もない状態で引き渡されます。
しかし、短期賃貸物件の場合、部屋の中にテレビや照明、テーブル・ベッドなどの家具・家電が予め備え付けられている場合が多いため、引っ越しの際にわざわざ多くの荷物を持ち込む必要はありません。家具や家電を買いそろえるためのお金もかかりません。

2.短期賃貸物件の種類にはどんなものがある?

それでは、短期賃貸物件の種類にはどのようなものがあるのか、見てみましょう。。

2-1.短期賃貸マンション・マンスリーマンション

短期賃貸物件として代表的なものが、「短期賃貸マンション」や「マンスリーマンション」と呼ばれるものです。契約期間は、1週間~数か月間で、希望の日数のみ滞在することができます。家具や家電などの生活に必要なものがセットされている物件が多く、光熱費なども料金に含まれているか、定額での支払いになる場合が多いようです。

2-2.シェアハウス

シェアハウスも短期賃貸が可能な物件の一つです。
ひとつの建物の中に、共有スペースと個人の居室が分かれています。
初期費用はほとんどかからないことが多いですが、個人が専有する設備は居室のみで、キッチンやお風呂は共用になっています。また、必要最低限の設備を整えていますが、個室では家具や寝具などは持ち込む必要がある場合が多いようです。

2-3.民泊施設

民泊施設も短期賃貸物件のように利用することができます。
民泊とは、個人宅の一部や別荘、マンションの空室などの一般的な民家に宿泊することを指します。もちろん1泊から泊まることができますが、短期賃貸物件のように数日間から数か月間滞在することができます。例えば、観光地に位置する物件では一軒家の一部を貸し出す場合や、都心ではマンションの一室を貸し出す場合もあり、周辺環境や設備の充実度は千差万別です。

3.短期賃貸物件のメリット

短期賃貸物件を借りるメリットは3つあります。

3-1.メリット1「初期費用が安い」

最大のメリットは、初期費用が安い点です。
アパートやマンションを借りる場合、通常では数か月分の前家賃が必要だと先にお伝えしましたが、ほかにも引っ越しなどの運搬費がかかります。そのため、費用の総計が5~6か月分の家賃に相当することもあります。さらに、都心や交通アクセスに恵まれて利便性の高い物件の場合、敷金や礼金の相場が高くなりがちです。
しかし、短期賃貸物件であれば、初期費用はほぼ必要ありません。1日あたりの宿泊費×滞在日数分のお金を支払うだけです。1か月程度経ってからすぐ引っ越ししてしまう場合であっても、退去時の費用はそれほどかからない場合が多いようです。生活の拠点を自由に変えたい人に向いています。

3-2.メリット2「家具や家電をそろえる必要がない」

通常の賃貸物件では、入居者自身で家具や家電を新たにそろえる必要があります。また、それらを買いそろえる費用の問題だけでなく、元の家から持ち込む場合は、荷造りする手間がかかったり、引っ越し代が増えたりする原因にもなります。しかし、短期賃貸向け物件は家具や家電が予め備え付けられている場合が多く、新しく買いそろえる必要がないというメリットがあります。費用を抑え、荷造りや運搬などの手間を省くことができます。

3-3.メリット3「必要な期間だけ契約ができる」

短期賃貸物件は、滞在したい期間だけ契約することができるので、数日もしくは数か月間だけ利用したい人は気軽に利用できるというメリットがあります。
例えば、いま住んでいる家の建て替え、家のリフォーム、転勤などによる短期滞在、会社の研修、大学受験、就職活動、観光地への数日間の滞在など、通常の賃貸物件に住むほどではないが「ホテル暮らし」を続けるには躊躇してしまう、という人に向いているでしょう。

4.短期賃貸物件のデメリット

短期賃貸物件にもデメリットがないわけではありません。

4-1.デメリット1「家具・家電にはこだわれない」

短期賃貸物件は、家具や家電が用意されているというメリットがありますが、裏を返せば自分の好きな家具や家電を選ぶ自由度が狭くなってしまうでしょう。しかし、多くの短期賃貸物件では、一般的な家具や家電を用意しているので、「必要な機能があればいい」という人には、特にデメリットにはならないでしょう。

4-2.デメリット2「住民票を移せない場合がある」

短期賃貸物件は、所在する市区町村の基準により、住民票を移すことができない場合があります。住民票を移せない場合、その市区町村の行政サービスを受けられなかったり、住民票の提出を求められたときに、以前の市区町村から取得したりする必要があります。
特に住民票の移動が必要ない場合は、デメリットにはならないでしょう。

5.短期賃貸物件の利用が向いている人

短期賃貸物件のメリット・デメリットを見てきましたが、利用が向いているのは数日間から数か月間の利用が見込まれる以下のようなケースに該当する人でしょう。

上記のケース以外でも、初期費用を抑えたい人、数か月間だけ試しに住んでみたい人などには、短期賃貸物件がおすすめです。

「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。