【重要】新型コロナウイルス感染症への対応について

閉じる

外国籍の入居者を受け入れることが安定した経営の礎に

8ヶ月前

落合潤也

サラリーマン大家さん。「RJ72号室」のペンネームにより、楽待でコラムを執筆中。北海道札幌市といった地方都市を中心に高利回り物件を購入・運営し、2020年2月現在の保有物件数は一棟アパートマンション3棟、分譲マンション3室、戸建て3戸の合計38室。別途、法人管理の管理物件も立川で3棟手がけている。物件のターゲットを絞り、2LDK→1LDK、和室→洋室といった大規模なリフォーム経験が多い。野立て太陽光発電所も3基を設置している。


これまで15世帯ほど、外国籍の入居者を受け入れてきました。エリアにより国籍や職業の傾向は異なり、私の場合ですと北海道の物件はベトナムやミャンマーの方、新宿の物件は韓国人の方が多いです。外国籍の入居者が最も多い金沢市の物件は、中国の留学生が中心です。

保証会社の審査をクリアした人は積極的に受け入れ

オーナーさんのなかには、外国籍の入居者を受け入れることに不安を感じる方もいるかもしれませんが、たいていの管理会社さんは7~8社の保証会社と提携しています。私の場合は、いずれかの保証会社で審査がおりれば、基本的にどなたでも受け入れることにしています。私自身、1年ほどアメリカに在住した経験があり「外国人だから」と区別しようとは思いませんし、ほんの一握りの外国人入居者が起こしたトラブルのイメージが先行するあまり、入居を受け入れないオーナーさんが多いように感じます。オーナー業を始めた当初から、外国籍の方だけでなく、水商売の方、シングルマザーの方、生活保護受給者、ご年配の方なども同様に受け入れ、物件の稼働率を高めています。家賃の滞納リスクを心配しているオーナーさんが多いと思いますが、私はこれまで、外国籍の入居者が家賃を滞納した経験はありません。

「特約」の設定や入居前の配慮により、トラブルを回避

外国籍の入居者を受け入れるにあたり、「文化の違い」に配慮した対応が必要です。例えば、ごみの分別が必要なことをなかなか理解できない方が多いため、英語バージョンと中国語バーションの貼り紙を管理会社に作ってもらっています。それでも分別がままならなかったこともあり、その際は1か月数千円で業者に外注し、ごみの処理をお願いしました。

また、入居時にはいくつか「特約」を設定しています。例えば、油で調理をすることが多くキッチンが汚れがちだったり、土足で過ごして床材を劣化させる方が多かったりする場合は清掃費用をいただきますし、帰国後に残置物が見つかることが多いため、あらかじめ処分費用を多めにいただくこともあります。ペットを飼う方から敷金・礼金を多めにいただくケースと同じ感覚ですね。

「外国籍の人だからトラブルが多い」ということもないですね。かつて、騒音でご近所からクレームが入ったことはありましたが、1度注意したら解決しました。ただし、関係が緊迫している国の住人同士が一緒にならないようにしたいとは思っています。以前、入居者同士で喧嘩になってしまい、貸主の費用負担でお一人は別物件に移動してもらった経験がありますから。一棟物件でなければ住人を完全に把握することは難しいですが、できる限りトラブルを回避できるように努めています。こうした事象に対応していくため、外国語で対応してくれる管理会社を選ぶ必要があります。

家賃の滞納なく、長く住み続けてくれる入居者を獲得できるチャンス

個人的に、外国籍の皆さんが入居してくれるのはとてもありがたいと思っています。今まで家賃を滞納された経験はありませんし、日本人の入居者がマイナスポイントと捉えがちな「オートロックがない」「防犯カメラが付いていない」「もっと広い部屋に住みたい」といった不満も聞いたことがありません。3点ユニットや畳の部屋など、日本人には不人気な物件も受け入れてもらえるので助かっています。現在、長い方は8年住み続けていただいており、現在も居住中です。部屋の「クオリティ」よりも、「少しでも安い家賃」の部屋に住んだ方が母国に仕送りができると考える方が多いようです。

導入すべきものとして、Wi-Fiは必須ですね。どの物件も、容量の制限なく利用できるタイプを採用しています。また、マイカーを所有していない方ばかりのため、駐輪場を完備していることも大切なポイントです。

外国籍の入居者を受け入れ、真摯に対応すれば結果がついてくる

いつか、外国籍の人専用のアパートを運営してみたいという構想を描いています。例えば、101号室はどの物件でも入居者が決まりづらいと思いますので、そこをフリースペースとして、誰でも出入り自由な空間にします。街の情報やクーポンなどを用意して、皆さんが自然と集まる場所にしたいですね。

外国籍の入居者を受け入れるべきか迷っているオーナーさんが多いと思いますが、「偏見をもつべきではない」と伝えたいです。私の経験上、過去に不義理なことをされてしまったのは、日本人ばかりですから(笑)。「外国籍の人だからNG」という線引きをしていたら、これからの賃貸経営は厳しくなっていくのではないでしょうか。

外国人留学生の皆さんを受け入れる機会が多いのですが、大学生の皆さんは口コミを投稿してくれるケースが多いため、チェックして問題点があれば随時改善しています。前で述べたWi-Fiの品質向上も、その一環です。真摯に入居者のニーズに向き合うことで、留学生の皆さんが次の留学生を紹介してくださるため、無限のループが生まれ、ゆくゆくは自分に還ってくるのではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事

新着記事

賃貸経営お役立ち情報【PR】

賃貸経営お役立ち情報【PR】

お電話でも受付中

入力方法が分からない場合など、お気軽にお問い合わせください。

0120-112-180

無料!お電話で問い合わせる

受付時間:9:30~18:00
月~金曜日(祝日・年末年始を除く)