閉じる

『第37回千葉大家倶楽部&大忘年会』潜入レポート!

2020年1月16日

オープンでどなたでも参加でき、さまざまな趣向を凝らしたセミナーが全国各地の『大家の会』で開催されています。そんな『大家の会』セミナーに潜入し、開催内容をご紹介。第4回は『第37回千葉大家倶楽部&大忘年会』に潜入しました。

◾️開催日時:2019年11月30日(土)11時〜18時40分/忘年会:19時~21時15分
◾️講師:株式会社HELLO NEWS 吉松こころさん/株式会社アントレッフェン 溝口晴康さん/株式会社フルタイムロッカー 沢辺雄一さん/株式会社アンジェロ 大川護郎さん/OYO LIFE 田中謙さん/パーチェ合同会社 諸熊直俊さん/フェイスアップ株式会社 JOJOさん
◾️主催:千葉大家倶楽部(共催:マイナビ賃貸)
◾️会場:パレスサイドビル2F マイナビルーム

第37回千葉大家倶楽部(マイナビ賃貸共催)&大忘年会 7名の不動産のプロが大集合!

まずは2020年の予想から始まった勉強会

2017年3月の第1回開催から多彩な内容と講師陣で定評のある『千葉大家倶楽部』のセミナー。今回も7名もの講師陣がさまざまな内容での講演となりました。マイナビの一番大きな会議室もほぼ満席となり、皆さんの関心の高さがうかがわれます。

まずは本日の司会進行を担当される一般財団法人 日本不動産コミュニティー(以下、J-REC)の石川さんから連絡事項や注意事項などの説明があり、千葉大家倶楽部の会長である北嶋勇次さんの挨拶と続きます。北嶋さんご自身もメンバーであるJ-RECの紹介と本日のアジェンダの確認の後、吉松さんの「2020年これからの不動産投資を考える」からセミナー開始です。

最初に吉松さんは「北嶋さんから難しいお題をいただいちゃいました」と語り、業界紙の記者を長年務められた吉松さんでも予測は難しいといいます。大きく4つのタイトルを設け、話が展開されていきます。

①大家さんの仕事って何?
ある日突然相続でなってしまう『うっかり大家』とサラリーマン業や趣味との『兼業大家』が多くなるとの予想。
②5G元年
自宅で仕事をするテレワーク・フリーランスの増加に伴い、家の在り方が変わってくるとの予想。
③効率化元年
オーナーさんと借りたい人を簡単にマッチングできる方法など、効率化できる部分を効率化していかないと職人さんの手配などの効率化できない部分が追い付かなくなるとの予想。
④家がひとつの時代は終わり?
5人で5部屋借り、それぞれがその日に帰りやすい(または明日の予定に便利な)部屋に帰るという女性の例をあげ、入居してくれる人の幅が広がるのではという予想。
大家さん目線ではない、豊富な取材実績に基づいたさまざまな方向からの2020年予測は、私自身もとても勉強になりました。

次に登壇したのは株式会社アントレッフェンの代表取締役である溝口さん。楽待コラムニストの『プリンス破天荒』としても有名です。講演タイトルは『都内主要駅徒歩5分以内に新築7棟 理系大家さんが考える サラリーマンがM&Aで会社を買う時代』。こちらは3部に分けてのお話となりました。

①被弾事例集
②おススメ不動産投資は?
③M&Aで会社を買う

被弾事例と称し、ご自身の失敗例を、いかに改善していくかのお話から具体的なおススメ不動産物件をどのような方法で投資するのか。不動産投資に絡め、サラリーマンがM&Aで会社を買うメリットを教えていただきました。

第1部、最後の登壇は、株式会社フルタイムロッカーの代表取締役専務の沢辺さんによる『㊙賃貸オーナーのための宅配BOXの選び方 24時間無人で受け渡しの管理ロボット コンピューター式vsダイヤル式とは?』。

実際に宅配ボックスをお持ちいただき、『置けるん?』アプリを使ったデモを展開していただきました。このアプリを使うと「宅配ボックスがこのスペースに置けるのか、置けないのか?」が目に見えてわかるようになっています。俗にいうAR(拡張現実)です。また、ダイヤル式とコンピュータ式の違いとそれぞれのメリット・デメリットもわかりやすく教えていただき、お昼の休憩時間もみなさんが興味深く見ていました。

第2部もバラエティに富んだセミナー内容

40分のお昼休憩をはさんで開始された第2部最初の登壇者は昨年6月の千葉大家倶楽部でも講演されました、株式会社アンジェロ 代表取締役の大川さんです。

前回のお話はメガ大家さんになるまでの道のりが中心でしたが、今回は趣向を変えて今年目標とされていた『資本力強化』のお話を聞かせていただきました。なぜ資本力強化が大切なのか、その理由は「銀行は自己資本率高いところにどんどん貸している」からとのこと。そこから金融機関との付き合い方を中心に、保険や管理会社、今後やろうとしていることなど、充実した内容の1時間半となりました。

第2部、次の登壇者はOYO LIFE 事業開発部長 田中さんによる『OYO LIFEの全貌丸分かりセミナー!』。
昨今、良くも悪くもニュースになってしまうOYO LIFE。特にこの時期は講師を引き受けるのに戸惑いもあったと思いますが、元々『千葉大家倶楽部』との関係が深い田中さんから「なんでも聞いてください」と質疑応答の時間を設けていただき、参加者からは「明確に取り組みが理解できた」との声が聞かれました。

第2部最後の講演者となるバーチェ合同会社 CEO、諸熊さんは『22ヶ月で7棟 CF1,100万円 脱サラの軌跡』と題したお話を聞かせていただきました。

楽待コラムで『にわか脱サラ大家』としても有名な諸熊さんは『家主ナビ』でもお世話になっています。千葉県内の物件を多く所有されていて、具体的な地域の特性を活かしたリアルなお話は、『千葉大家倶楽部』の皆さんにはとても刺さる内容だったようです。

セミナー最後には北嶋さんから締めの挨拶と次回の千葉大家倶楽部の案内があり、ほぼ予定時間通りに勉強会の部は終了となりました。

貴重な情報交換の場、忘年会

会場を同じパレスサイドビル内の『レストラン アラスカ』に移し、忘年会が開始されました。ここから参加される方もおり、会場内も程よく人で埋まっています。まずは第2部で講演された大川さんの「やるべきは決算書。それと払うべきものは払うことです」という乾杯の挨拶で始まり、歓談へと続きます。

途中にはフェイスアップ株式会社 会長のJOJOさんが到着され、特別講演が開始されました。タイトルは『JOJOが使ってきた手法大公開「絶対に失敗しない収支シミュレーションの方法」』。JOJOさん曰く「投資を始めるならバランスがいいから不動産をオススメする」とのこと。忘年会の歓談の途中という時間でありながら皆さん熱心に聞き入り、スクリーンに映し出されたスライドをスマホで撮影する様子が見受けられました。

最後に『とちぎ大家の会』代表である村田佳子さんの中締めで編集部は会場を後にさせていただきましたが、まだ参加者の皆さんは熱心に情報交換されていたようです。

参加された皆さん、お疲れさまでした。

次回、第38回千葉大家倶楽部の予定は1月25日(土)13時~18時30分、会場は船橋市勤労市民センター 第1会議室となります。内容は

・「数百億円の資産家が体験を元に語る! 金銭感覚を磨いたものだけが人生に勝利する。税金を制する者が金融を制す。金融を制する者が不動産を制す。PART III」
白井晴彦さん/株式会社ハウスゼロ 顧問
・「反社・不当クレーム対応を長年やってきた弁護士大家が語る賃貸オーナーの法律問題」
石塚大さん/右田・深澤法律事務所 弁護士
・「空室率50%から引き継いだ二代目大家の奮闘空室対策術 満室経営挑戦中!」
麻生茂樹さん/フォンテーヌ・マキ 代表
・「大規模修繕&クロス貼り替えのコストを半減させるクロスペイントを会場で実演」
原島信一さん/株式会社ウォールデザインハラシマ 代表取締役
勉強会終了後の19時~21時には新年会も予定されているようです。

詳細は
ホームページ:https://peraichi.com/landing_pages/view/jjxgq
Facebook:https://www.facebook.com/groups/107357053289940/
にて、ご確認&お申込みください。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

新着記事

賃貸経営お役立ち情報【PR】

お電話でも受付中

入力方法が分からない場合など、お気軽にお問い合わせください。

0120-952-261

無料!お電話で問い合わせる

受付時間:9:30~18:00
月~金曜日(祝日・年末年始を除く)