2020
02.14

家電家具付き物件って何が付いているの? 家具家電付き物件とは?

長期出張や受験などの目的ですぐに生活できる場所を確保したい……。一人暮らしを始めたいけれどできるだけ費用を抑えたい……。そういった人にとって便利なのが「家具家電付き」の物件です。費用や引っ越し準備の手間が減らせるという理由で利用する人が増えているため、物件数も増えてきています。

とはいえ、家具家電付きの物件がどんな物件なのかがわからないために、利用するのが不安で迷っているという場合もあるでしょう。そこでこの記事では、家具家電付きの物件について解説し、利用するメリットについて紹介します。

1.家具家電付き物件とは?

家具家電付き物件とは、日常生活で使用することが多い家具や家電が室内設備としてあらかじめ設置されている物件のことです。部屋の中にきれいに配置され、すぐ使えるような状態になっています。

一般の賃貸物件は、契約して利用できるのは「部屋そのもの」だけで、家具や家電はない状態ですから、自分ですべて準備しなければいけません。しかし、セットアップ賃貸と呼ばれる家具家電付き物件は、部屋に家具や家電がすでにセットしてある状態なので、入居した日から自由に使うことができるのです。自分で家具や家電を準備する必要がないことが大きなメリットです。

2.「家具家電付き物件」には何が付いている?

家具家電付き物件は、物件によってセットされている内容には多少違いがあります。基本的な設置内容についてまとめました。

2-1.家具

家具家電付き物件は、ベッド、テーブル、テレビボードの3点はたいていセットされています。食事をして眠るというのは生活の基盤でもありますから、標準でセットされているのです。いずれも大型家具なので、購入や搬入の手間がないというメリットもあります。

さらに物件によっては収納棚やソファ、座椅子、ラグマット等がセットされている場合もあります。

2-2.家電

たいていの家具家電付き物件に標準でセットされている家電は、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビです。家具と同じく、毎日生活するために使う頻度が高い家電です。特に冷蔵庫や洗濯機は自分で購入すると高額ですから、部屋にセットされているとお得感があるでしょう。

炊飯器やトースター、電気ケトルといったキッチン家電や、掃除機、アイロンなどの小物家電はセットされている物件もありますが、必要な人だけが使えるようレンタル制になっている物件もあるので事前に確認しておくことをおすすめします。

2-3.こんなアイテムが付いていることもある

日常生活を送る上で最低限必要な家具家電が付いているのが家具家電付き物件ですが、ここまで挙げてきた以外の家具や家電が準備されている物件もあります。

例えばこたつやファンヒーター、扇風機といった季節家電、空気清浄機やふとん乾燥機、衣類乾燥機などの家電がセットされている物件だと、より生活しやすくなるでしょう。

一般的にはないことが多い寝具が準備されている、ビジネスマン向けにパソコンデスクがセットされているといった物件もあります。

3.家具家電付き物件のメリット

入居してすぐに日常生活を送れる家具家電付き物件。一般の賃貸物件と違ってさまざまなメリットがあります。主に4つのメリットを紹介しましょう。

3-1.事前準備が不要

新居に引っ越す際にはさまざまな準備が必要ですが、なかでも家具や家電の準備がもっとも時間がかかる作業です。新しく購入するとなると商品選びや手配に時間がかかりますし、今使っている家具や家電を新居に持っていくとしても、買い替える場合は処分が必要です。引っ越しの際には、想像以上に荷造りの手間がかかってしまうものです。

家具家電付き物件ならこうした手間が不要ですから、準備に時間をとられることもありません。

3-2.家具家電の購入費用や引っ越し費用が抑えられる

家具家電付き物件を選ぶと、自分で家具や家電を購入する必要がないので出費を大きく抑えることが可能です。ベッドなどの大型家具、冷蔵庫や洗濯機などの家電を新しく買うと数十万円の出費ですから、それが削減されるだけでもかなり助かりますね。

さらに、大型の荷物を移動する必要がないため引っ越し費用も軽減できます。一人での移動なら単身者向けパックプランを使って安く引っ越しできますから経済的です。

3-3.家具や家電の二重所有を防げる

単身赴任や一人暮らしなど、賃貸契約をする理由はさまざまですが、自宅とは別の場所に賃貸物件を借りる期間があらかじめ決まっている場合は家具家電付き物件がおすすめです。数か月や数年で自宅に戻ってくる確率が高いなら、家具や家電を二重に所有するのは避けたいものです。

家具家電付き物件は、自分好みの家具や家電がそろっているわけではありませんが、基本的な日常生活を送るには十分な設備が揃っています。期間限定の利用で自宅に戻る時期がわかっているなら、部屋にセットしてある家具や家電を使って生活すれば二重所有を避けられてお得です。

3-4.買い替えや処分が不要

自己所有の家具や家電は、古くなったり故障したりすると、買い替えや処分を自分でしなければいけません。しかし、家具家電付き物件を利用すると、室内にセットしてある家具や家電のメンテナンスは運営会社が行うため、自己負担せずにすみ、経済的にも安心です。

家具家電付き物件に導入されている家具や家電は運営会社が適切に維持管理されていますから、もし入居中に不具合が出たら運営会社に申し出るだけでOKです。

4.家具家電付き物件のまとめ

部屋そのものだけでなく家具や家電も合わせて利用できる「家具家電付き物件」は、単身赴任で利用期間が決まっている人や、転勤が定期的にあって数年おきに引っ越さなければならない人にとってはとても便利な物件です。
特に、期間が数か月から2年以内の短期の滞在であれば、家具家電付きのマンスリーマンションが家賃の面でもお得の場合が多そうです。

家賃が安く、引っ越し時の負担が軽いので利用しやすいこの家具家電付き物件は徐々に増えてきてはいるものの、人気も高くなってきています。そのため、必ずしも希望の物件が見つかるとは限りません。はじめからマンスリーマンションで探すのも一つの選択肢ですね。
「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで短期でも滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間、予算などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。