2020
02.14

マンスリーマンション・ホテル・賃貸物件の利便性を比較!

仕事や就職活動などで短期間生活の場を確保したい時、マンスリーマンションかホテルもしくは一般のマンション・アパートなどの賃貸物件という選択肢があります。一般的には数か月の滞在であればマンスリーマンションが使いやすいといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。
この記事では、マンスリーマンションがどのようなものかを解説した上で、ビジネスホテルや賃貸物件と比較したメリットとデメリットについて紹介します。

1. マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションとは、月単位で利用契約できるマンションを指します。例えば地方から東京に来て3か月間滞在したい場合、3か月分の利用契約を結んで希望のマンションに住むことができます。
1棟全体がマンスリーマンションになっているタイプだけでなく、一般の賃貸マンションの一部がマンスリー契約対象の部屋として設定してあるタイプもあります。

2. 賃貸物件と比較したマンスリーマンションのメリット

短期利用ができるマンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比較した場合さまざまな特長や違いがあります。マンスリーマンションの主なメリットを挙げておきます。

2-1.マンスリーマンションは初期費用が安い

マンスリーマンションは、同じようなエリア・条件の一般の賃貸物件と比較して、初期費用が安く抑えられることが多いです。一般の賃貸物件を借りるときには、不動産会社や物件のオーナーに支払う敷金や礼金、仲介手数料が必要な場合が多いですが、マンスリーマンションの契約時はこうした費用がかかりません。
初期費用として準備するのは家賃と光熱費、管理費または共益費です。1か月の家賃がほぼ同額なら、一般の賃貸物件で必要な敷金や礼金、仲介手数料として支払う家賃の3~4か月分がマンスリーマンションだと不要になりますので、その分経済的といえます。

2-2.賃貸物件と比較して契約しやすい

マンスリーマンションは、身元確認ができれば基本的に契約できることが多いです。免許証などの顔写真付き身分証明書と入居申込書を準備するだけで契約が成立する物件がほとんどです。一般の賃貸物件のように保証人を立てる必要がありませんから、申し込みから契約までがスピーディー。すぐに居住場所が必要な時は重宝します。

2-3.日常生活と近い生活ができる

マンスリーマンションは、ほとんどの物件で家具や家電が室内に設置されています。カーテンやベッド、デスクといった家具や、テレビ、洗濯機、エアコン、冷蔵庫、電子レンジなどの家電があるため、自分で準備する必要がありません。掃除機やアイロンなどはレンタルで利用できる場合が多く、これらの設備面は、一般の賃貸物件と比較すると、とても大きなメリットといえるでしょう。

3. 賃貸物件と比較したマンスリーマンションのデメリット

契約が手軽で、入居前の準備をほとんどしなくても生活がスタートできるなどマンスリーマンションのメリットは多いですが、その反面デメリットもあります。主なデメリットを2つ挙げておきます。

3-1.近隣トラブルが比較的起きやすい

契約時の審査が通常の賃貸契約より手軽で保証人が不要なマンスリーマンションは、短期契約が前提ということもあり、入居者の入れ替えが頻繁に発生しがちです。都会のマンスリーマンションだとビジネスマンや学生、外国人など生活スタイルや価値観、文化が違う者同士が隣人として生活するため、小さなトラブルが起きる可能性はやや高いと言えるでしょう。

3-2.部屋の内見ができない場合がある

一般の賃貸物件は契約前に実際の室内を内見できますが、マンスリーマンションの場合はできないケースが多くなっています。その場合、運営会社のホームページで間取りや設備を確認することしかできないため、入居してみると思ったより狭かった、日当たりが悪かったといったケースがあります。

4.マンスリーマンションとビジネスホテル、比較するとどちらが使いやすい?

短期間の滞在先としてマンスリーマンションとよく比較検討されるのが、ビジネスホテルです。利用したい日数だけ滞在できますから便利ですね。
短期滞在の場合、マンスリーマンションとビジネスホテルを比較すると、どちらが使いやすいのかを項目ごとにまとめてみました。

4-1.広さ

1人で利用する場合、ビジネスホテルはベッドとミニデスク、数着を収納できるクローゼット、3点ユニットというシングルルームが一般的です。対してマンスリーマンションは、6畳程度の部屋と水回りがある1Kか1Rタイプになるでしょう。
比較すると、マンスリーマンションのほうが部屋として使えるスペースが広く、玄関にシューズボックスがありクローゼットも広めの場合が多いです。パソコン作業などができるデスクも置けますから、数か月滞在するならマンスリーマンションのほうがゆったりと過ごすことができるでしょう。

4-2.設備

マンスリーマンションとビジネスホテルを比較した時、大きな違いのひとつは、水回り設備です。ビジネスホテルは省スペースと機能性が優先されているため、バスタブ・洗面ボウル・トイレがひとつの空間になった3点ユニットが多いです。それに対して、マンスリーマンションはそれぞれが独立している場合も多く、広いので使いやすいでしょう。
また、マンスリーマンションにはビジネスホテルにはないキッチンが備え付けられています。調理器具をレンタルするか自分で購入することで自炊もできるので、食事にこだわりたい人や、食費を抑えたい人には生活しやすいでしょう。

4-3.家事に割く時間

ビジネスホテルには室内の清掃サービスがあります。ベッドシーツやバスタオルの交換もしてもらえますし、ランドリーサービスを利用すれば洗濯の手間もかかりません。外食が面倒な日はルームサービスを使っての食事も楽しむことができるでしょう。
マンスリーマンションの場合だと、食事や掃除、洗濯といった家事は自分でしなければいけません。自炊が面倒な場合も自分で買い物に行く必要がありますので、比較すると家事に割く時間はビジネスホテルよりは多くなりがちです。

4-4.来客対応

ビジネスホテルの場合は友人や家族がやってきたとき、宿泊者以外の入室は禁止されているため、屋外かロビーで会うことになります。室内でくつろぎながら話すといったことはできません。
対してマンスリーマンションは一般の賃貸物件と変わりませんから、室内で一緒に過ごしたり、泊まってもらうことも可能。ビジネスホテルよりも自由な使い方ができるでしょう。

5.マンスリーマンション・ホテル・賃貸物件の利便性の比較まとめ

短期間滞在する住まいとして比較検討することが多いマンスリーマンション、ビジネスホテル、一般の賃貸物件。それぞれの特徴があり、用途や利用期間によって過ごしやすさも異なります。一般的に、数か月間の利用であればマンスリーマンションが費用面でお得だといわれています。
物件に入居するための初期費用を抑えられて契約もしやすいため、設備面を比較検討してもマンスリーマンションが使い勝手がいいのではないでしょうか。
出張や就職活動などで短期間の賃貸を考えているなら、この記事をヒントに検討してみてください。「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで短期でも滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間、予算などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。