2020
06.30

テレワークで太らない、イライラしないための食生活入門⑤昔の人は取れてたけど、今の人は足りない「鉄分」とは?

テレワークによる運動不足、コロナウイルスによる先の見えない生活が続くいま、そんな「憂鬱になったり、イライラしがちな心の調子を毎日の食事やサプリメントで整えよう」と 食事と栄養を説いた書籍が人気です。こういった書籍において、多く共通する意見は「『たんぱく質』(肉、魚、卵、豆等)はたっぷり摂りましょう。『糖質』(米、麺類、パンなどの主食、お菓子、果物、芋、ビール等)は控えて」というもの。この「たんぱく質はたっぷり、糖質は控えて」に、筆者がゆるめにチャレンジしてみました。今回のテーマはタンパク質や糖質からちょっとはずれて「鉄分」について考えます。鉄分って体に何をしてくれているか、わかります?

1.鉄分って、体に何をしてくれるの?

この連載では、書籍『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ツラいときは食事を変えよう』(溝口徹著、主婦の友社)と『うつ消しごはん』(藤川徳美、方丈社)を参考にしています。医師で日々臨床の現場にいるお二人の主張は「タンパク質たっぷり、糖質は控えて」以外にも共通点があり、そのうちの一つが「鉄分を取りましょう」です。

しかし鉄分は「エネルギー源となる」糖質や「体の材料になる」タンパク質と比べ、いまひとつマイナーというか、影が薄いというか、体にどんないいことをしてくれているのか見えにくいのでおさらいしてみました。

鉄分というと「貧血→鉄分とらなきゃ」のイメージがわく人も多いはず。その通りで鉄分は血液中の赤血球を作っている「ヘモグロビン」の成分になります。ヘモグロビンは血液の中で酸素と結びつき、酸素を体の隅々まで運んでくれます。

さらに『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ツラいときは食事を変えよう』では、脳の神経伝達物質の材料はタンパク質なものの、その合成において鉄分も重要な役割を果たしている、とあります。鉄分が足りないと神経伝達物質の合成がうまくいかず、眠りの質が落ちたり、やる気が出ないといった精神的な影響が出てしまうこともあるそう。

さらに『うつ消しごはん』では、鉄分は「活性酸素」から身を守るための抗酸化物質カタラーゼという酵素の役割にも関与する、とあります。活性酸素とは平たく言えば体内の酸素がほかの物質と結びついたもの。活性酸素は少量ならば体内の免疫のために役に立ってくれるものの、取りすぎた活性酸素は体内でシミやシワなど老化の原因になるだけでなく、がんや動脈硬化などの原因にもなることも。

活性酸素はストレス、紫外線、タバコ、アルコールなどでも増加します。最近はタバコを吸わなかったりお酒を飲まない人も増えてきており、テレワークの増加で紫外線にさらされる機会が減った人も多いかもしれませんが、ストレスをゼロにできる人などそういないはず。

ということで、鉄分は貧血を防いでくれるだけでなく、神経伝達物質や抗酸化物質の生成に携わり、メンタルヘルスやアンチエイジングにも一役買ってくれるのです。特に毎月の生理で血液を失う女性は、鉄分をより積極的に取る必要があります。

2.今の人は鉄分が足りない~調理器具は鉄からアルミニウム合金、ステンレスへ~

しかしそんな鉄分ですが、今の人は昔の人より足りていないとも言われています。理由の一つが「鉄鍋や鉄のフライパンが減ったから」。鉄鍋で料理をすると、鍋から鉄分がしみだしていたんですね。

しかし、普段使っている鍋やフライパンも金属では……? と思ったので調べてみました。私が普段使っているフライパンは「アルミニウム合金」、鍋は「ステンレス」と、鉄じゃないんです。なお、ティファ―ルのフライパンもアルミニウム合金で、鍋はステンレス製です。鍋は岩手の郷土品でもある「南部鉄器」とか、ああいったものが「ガチの鉄鍋」です。

しかしなぜ、せっかく鉄分が摂取できる鉄鍋や鉄のフライパンが廃れ、アルミニウム合金やステンレスの鍋、フライパンが幅を利かすようになったでしょうか。私はこの理由をネットで聞きかじっただけの上っ面でなく、心の底から説明できる自信があります。なぜか。数年前、鉄分をとろうと、「鉄のフライパン」を通販で買ったことがあるからです。

買ってみてわかったのは、まず鉄のフライパンはかなり重いです。ただ、重いことくらいは、「昔ながらの丁寧な暮らしっぽくていい」とそこまでマイナス要因になりませんでした。そんなことより私を悩ませたのは鉄のフライパンはとにかく「錆びる」し「焦げる」ということ。本来鉄のフライパンは最初に使う前にフライパンを煙が出るまで熱して油をひくといったフライパンに油膜をつける独特の儀式が必要で、そうしないと錆びたり焦げやすくなるということを、私はフライパンを錆びさせ、焦げさせたあと知りました。しかしその儀式を知っていたとしてもたぶん面倒くさがりなのでやらなかったと思います。

そして鉄のフライパンは使用前の儀式以外にも、普段使い時にも洗剤は極力使わない(最初の儀式でつけた油膜が取れ錆びてしまう)、使ったらすぐお湯につける、などなど様々な掟があり、それを破るとすぐ錆びるし焦げます。

こういった鉄のフライパンを使うにおいての諸々の決まりが、進化した技術や企業努力の先であぐらをかいて暮らす現代人のズボラな私にとっては荷が重すぎました。なお、錆びや焦げがついたフライパンを復活させる方法も、あるっちゃあります。それは「半日かけて紙やすりで錆びや焦げを落とす」というもの……。私も二回ほどやってみましたが、もう自分には無理でした、私にはもったいないお話でした、とギブアップし、引っ越しの時に鉄のフライパンは供養しました。

鉄鍋、鉄のフライパンは「丁寧な暮らし」ができる人間かどうかかの検査装置としてこれ以上ない働きをすると思います。私には無理でした。鉄分をとるのも楽じゃないですね。

なお食材で鉄分が多いのはおなじみのレバーやホウレンソウ、ひじきなど。レバーなど動物性の鉄分の方が、植物性の鉄分より体への吸収が優れているといわれています。レバーもホウレンソウもひじきも好きですが毎日継続的に取り続けるのは飽きも来ます。

ということで、秘密兵器を投入しました。

3.入れるだけ! 半永久的に使える「鉄の塊」で鉄分補給

秘密兵器はこちら。通販で買った「鉄の魚」です。

フライパンや鍋が鉄製じゃなくなり、調理器具から鉄分をとりにくくなった現代人のため、こういった「料理用の鉄の塊」が今増えています。形状もさまざまで、卵のような形をしているものもあれば、キティちゃんやドラえもんの形をしているものもあります。私は煮えたぎる鍋にドラえもんを入れるのは忍びないので魚の形にしました。

使用方法は簡単。お湯を沸かすポットや、汁物の料理をするときのお鍋に入れるだけ。

これで鉄分が水にしみだしてくれます。私の鉄の魚は1000円ほどでしたが、半永久的に使えるのも魅力です。

一点、こういった「鉄の塊」使う前に知っておいた方がいいのは「鉄の錆びやすさ」でしょう。上記の写真もうっすら錆びがついていますよね。私は鉄のフライパン時代に、鉄の絶望的なまでの錆びやすさを知っていたので、鉄ってこんなものだと気になりませんでしたが、鉄の塊を使っている人のネットのレビューを見ると、「錆びててヤダ」という意見も少なからず見ました。しかし、鉄を使うにおいて多少の錆びはあきらめた方がいいです。鉄は便利に慣れた現代人にしてみれば驚くくらい錆びるものなのです。

多少の錆びは目をつぶりつつも、しかし「錆だらけ」になるとさすがに口にするのはためらわれます。そのため「鉄の塊」を使う際は必ず「冷たい水にいれたらすぐ火にかけ、調理や湯沸かしが終わったら鉄の塊が熱いうちにすぐ取り、干しておく(つまり、水に入れっぱなしにしない)」を守りましょう。ほったらかしにすると、ものすごい勢いで錆びます。

私は味の付くものに鉄の塊をいれたら洗わないといけないからと、調理では使わず、お湯を沸かす時だけ鉄の塊を使っています。湯が沸いたらすぐ鉄の塊を取り出していたものの、一度うっかりその存在を忘れ、半日後に気づいてポットを開けたら中の水は錆でうっすら茶色になっていました。「鉄分がしみだしてそうだな」とは思いましたが、さすがにこれは飲めませんでした。

まとめ

・鉄分はヘモグロビンになるだけでなく、脳内神経物質の合成に携わったり、活性酸素を除去したりなど、メンタルヘルスやアンチエイジングに役立ってくれます。

・鉄のフライパンや鍋を使わなくなった現代人は昔の人より鉄分不足になりがちです。

・「鉄の塊」を上手に使って、鉄分を摂取していきましょう。

なお、リモートワーク仕様の社宅も提供しているマイナビの社宅提供サービス『マイナビBiz』では、冷蔵庫や電子レンジなどの家電が標準装備されている物件を多数ご用意。幅広いニーズに合う家具家電付きのお部屋を企業にご提案・貸し出すサービスを行っています。低糖質・高タンパクを意識した自炊に必要な家電はもちろん、洗濯機やカーテンなどは標準装備しているので別途買い揃える必要もありません。利用者はカバン1つで入居できます。

「リモートワークを推進したい」
「在宅勤務が難しい社員に、勤務・宿泊できる場所を提供したい」
「社宅を持ちたい」
「研修を行う際の一時滞在先を探している」
上記に当てはまる方は、ぜひ下記からお気軽にお問い合わせください。

この記事のライター 石徹白未亜(いとしろ みあ)
ライター。著書に『節ネット、はじめました。』(CCCメディアハウス等)。
ホームページ:いとしろ堂

関連記事