2020
02.14

費用が得なのは? マンスリーマンション・ホテル・一般の賃貸物件を比較

1か月から数か月間という短期滞在の場合、マンスリーマンション、ホテル、一般の賃貸物件のうち、どこに泊まるのが一番経済的なのでしょうか。費用はできるだけ抑えて、コストパフォーマンスのよいところに滞在したいものです。

短期滞在用の住まいにはどういったものがあるのか、費用の比較や選ぶ際のポイントと合わせて紹介します。

1.マンスリーマンションなど短期滞在用の住まいが必要なときって?

マンスリーマンション、ホテル、一般の賃貸物件などを検討するような短期滞在の住まいが必要になるケースとしては、以下のようなものがあるでしょう。

しかし、短期での滞在とはいえ、生活面の心配は少なくして毎日のパフォーマンスを高めていきたいものです。

2.短期滞在の用事で利用できる住まいとは

短期滞在に適した住まいとしては、主に次の3つがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

2-1.マンスリーマンション

月単位で契約できる物件をマンスリーマンションと呼びます。契約が1か月単位と短い場合が多いため、利用期間がはっきり決まっている用事だけでなく「2か月なのか3か月になるのか、わからない」といった流動的なスケジュールの用事であっても対応できます。駅が近いなど利便性の高い場所に建っているのが多く、家具や家電が設置されているケースがほとんどです。

2-2.ビジネスホテル

マンスリーマンションと同じく、すぐに生活がスタートできるビジネスホテルも短期間の滞在には便利です。浴室やトイレ、タオルや歯ブラシなど、最低限生活に必要なものは室内についていますし、クローゼットに荷物を保管しておくことも可能です。ビジネスマンや旅行者の利用が多いことから、立地には恵まれているといえます。

2-3.一般賃貸物件

一般的なマンションやアパートなどの賃貸物件は、1年以上の長期間の居住を前提とした契約内容になっている物件がほとんどです。しかし、貸主側が短期間でも問題なければ、希望の期間で契約できる場合もあるかもしれません。退去時は1か月前に解約の旨を伝えるか、1か月分の家賃を負担するケースが多いです。

3.短期滞在用の住まいの費用

短期滞在用の住まいを選ぶ時に気になるのは費用ですね。それぞれ、利用する際にかかる費用にどういった違いがあるのかを見てみましょう。

3-1.家賃

一人で利用する場合は、1Rや1K程度で、15~20平方メートル前後の広さの部屋を契約することが多いようです。例えば、東京と新宿区のエリアでの一般の賃貸物件が9万円と仮定すると、マンスリーマンションでは光熱費を含めて月に13万円程度、ビジネスホテルでは仮に1泊1万円として30日間では30万円と、それぞれかかる金額が大きく変わってきます。

3-2.水道光熱費

マンスリーマンションの場合、水道光熱費は家賃に含まれていることがほとんどなので別途支払うことはあまりないでしょう。ビジネスホテルだと部屋の水道光熱費は利用料に含まれていますが、洗濯をする場合コインランドリー利用料が別途かかります。1回300円として週4日利用すると、1か月合計で4800円の負担です。一般の賃貸物件だと水道光熱費はすべて家賃とは別で、1万~2万円ほどかかるでしょう。

3-3.初期費用

物件の契約時にかかる費用を初期費用といいます。マンスリーマンションの場合は物件によって異なりますが、調理器具やアメニティーの代金と室内のクリーニング代として3万円前後かかると考えておきましょう。ビジネスホテルは借りるというより滞在するという考え方ですから、初期費用はかかりません。一般の賃貸物件は1年以上の中・長期の居住を前提としているため、敷金や礼金・仲介手数料がかかる場合が多く、一般的には家賃の2~4か月分が必要になることもあるでしょう。

3-4.家具家電

マンスリーマンションの場合はベッドや冷蔵庫、電子レンジなどがすでに準備されていて、わざわざ自己負担する必要はありません。ビジネスホテルもベッドやデスクは室内に設置されていますし、お湯を沸かすポットは備品として用意されていることが多いので、同じく自己負担を抑えられます。一般の賃貸物件は部屋だけの契約で室内には何もありませんから、すべて自己負担で家具や家電をそろえるとなると数十万円かかるでしょう。元々住んでいた家から持ってくるとしても、引っ越し代がかかります。

4.短期滞在用の住まいの費用比較

短期滞在用の住まいの費用をシミュレーションするとどうなるのでしょうか。家賃などそれぞれの項目におおよその金額を設定し、計算してみましょう。

4-1.費用のシミュレーション

仮に、マンスリーマンションでは毎月の家賃が13万円、初期費用が3万円、水道光熱費が0円、ビジネスホテルでは毎月の滞在費が30万円、ランドリー代が4800円、初期費用が0円、一般の賃貸物件では毎月の家賃が9万円、初期費用が敷金・礼金・仲介手数料1か月分ずつだとして27万円、水道光熱費が1万5000円だとすると、以下のような費用のシミュレーションになります。
一般の賃貸物件が1か月で借りられるケースはほとんどありませんが、あくまでも計算上の数値を記載しています。

■マンスリーマンション・ビジネスホテル・一般の賃貸物件の費用比較一覧

滞在期間 マンスリーマンション ビジネスホテル 一般の賃貸物件
1か月 160,000 304,800 375,000
2か月 290,000 609,600 480,000
3か月 420,000 914,400 585,000
4か月 550,000 1,219,200 690,000
5か月 680,000 1,524,000 795,000
6か月 810,000 1,828,800 900,000
7か月 940,000 2,133,600 1,005,000
8か月 1,070,000 2,438,400 1,110,000
9か月 1,200,000 2,743,200 1,215,000
10か月 1,330,000 3,048,000 1,320,000
11か月 1,460,000 3,352,800 1,425,000
12か月 1,590,000 3,657,600 1,530,000
13か月 1,720,000 3,962,400 1,635,000
14か月 1,850,000 4,267,200 1,740,000
15か月 1,980,000 4,572,000 1,845,000
16か月 2,110,000 4,876,800 1,950,000
17か月 2,240,000 5,181,600 2,055,000
18か月 2,370,000 5,486,400 2,160,000

6か月目で比較すると、ビジネスホテルはマンスリーマンション、一般の賃貸物件の2倍以上と非常に高額になります。
マンスリーマンションと一般の賃貸物件を比較すると、9か月目まではマンスリーマンションが安くなっていますが、それ以降は一般の賃貸物件のほうが高くなります。
ただし、家具・家電の購入費や元々の家から運んでくる引っ越し代は考慮していませんので、それらも考慮すると、18か月目で比較してもマンスリーマンションのほうがお得かもしれません。
もちろん、おおよその数値で計算した結果ですので、条件や選ぶ物件によってお得な滞在期間は前後します。

5.短期滞在用の住まいを選ぶポイント

マンスリーマンションやビジネスホテル、一般の賃貸物件など、短期間とはいえ目的があって利用し続けるものですから、その目的を支障なく達成できるだけの環境が整えられる条件であることが大切です。物件を選ぶポイントとして重要なことを2つ挙げておきます。

5-1.費用が予算に合っているか

住まいを利用する期間が決定しているなら、1か月にかかる費用を物件ごとに計算して比較してみましょう。多少の違いはありますが、一般的に半年間程度の利用期間であればマンスリーマンションがもっとも安価になるでしょう。初期費用や光熱費、家具家電の費用を別途準備する必要がありませんし、契約後すぐに生活をスタートできるので、家具家電を搬入するための引っ越し代も抑えられるからです。

利用期間が流動的な場合は、状況や都合に合わせて契約を終了したり延長したりできるマンスリーマンションやビジネスホテルが便利でしょう。費用と予算のバランスを考慮して決めるのがおすすめです。

5-2.立地や広さなどは用途に合わせて過ごしやすいか

出張や就職活動などの目的で利用する場合、行き先へのアクセスを考えて立地がいい物件を選びましょう。時間をより有効に使えますし、駅の近くだと夜間も人通りが多く明るいなど、防犯面の不安も少なくなります。

また、仕事や勉強、就職活動などに集中することで精神的な疲れがたまりやすいことが予想される場合は、ゆったり過ごせる広さの部屋を契約したいですね。窓から外が見えるかどうかも意外と心理的な違いが出ますから、契約前に確認しておくといいでしょう。
「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで短期でも滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間、予算などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。