2020
02.14

短期賃貸マンションのメリット・デメリットとは?

旅行や仕事の都合などで、一時的な滞在先が必要になることがあります。
1週間や数か月など、短期的な滞在であることがわかっている場合は、ホテルや通常の賃貸物件よりも短期賃貸マンションのほうが滞在先として適している場合があります。
そこで、短期賃貸マンションに短期滞在するメリットとデメリットをお伝えします。

1.短期賃貸マンションとは

そもそも、短期賃貸マンションとは何でしょうか。
短期賃貸マンションとは、1週間単位で契約できるマンションです。ホテルに連泊するのには抵抗があるが、1年以上の契約が前提となる通常のアパート・マンションなど賃貸物件の契約は必要ない人などが利用します。

1-1.初期費用が必要ない

短期賃貸マンションは、一般の賃貸物件と違って、物件に関する初期費用がかかりません。
例えば、東京都内でマンションを借りようとしたとき、敷金や礼金が1か月ずつ、仲介手数料として家賃1か月分、さらに前家賃1か月で計算する場合があります。この場合は、初期費用として家賃4か月分の初期費用が必要になります。
しかし短期賃貸マンションは、このような敷金・礼金、不動産会社への仲介手数料など、物件を借りるために必要な初期費用がかかりません。

1-2.家具や家電が備え付けである

ほとんどの短期賃貸マンションは、日々の生活に必要な家具や家電があらかじめ備え付けられている場合が多いです。
テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などのほか、机やベッドを一式買いそろえるとなれば数十万円の出費になりますが、自身でそれらのものを用意する必要がありません。
また、例えばホテルでの滞在を選んだ場合はキッチンがない場合が多く外食に頼りがちですが、短期賃貸マンションであれば外食をせずとも、部屋で調理をして食事をすることができます。

2.短期賃貸マンションで短期滞在をするメリット

短期賃貸マンションと、通常の賃貸物件やホテルでの暮らしを比較したメリットをピックアップしてみましょう。

2-1.通常の賃貸物件と比較したメリット

短期賃貸マンションは基本的に短期滞在を前提にした料金システムになっています。1泊あたりの料金は決して安い訳ではありません。同じようなエリア・条件の物件で1か月の賃料のみを比較すれば、通常の賃貸物件であるアパートやマンションのほうが安くなることが多いです。
しかし、通常の賃貸物件であるアパート・マンションは初期費用や光熱費が別途かかります。
そのため、6か月以内の滞在であれば、総額でいえば短期賃貸マンションのほうが安くなるのです。

2-2.ホテルに連泊する場合と比較したメリット

ホテルの場合、短期賃貸マンション同様、初期費用はかからないメリットがありますが、例えばビジネスホテルで1泊7000円かかる場合、30日で計算すると21万円になります。
短期賃貸マンションは、東京都の新宿区内で借りても1Rであれば10万円程度でも借りることができる場合があるので、ホテルはやはり割高といえるでしょう。
さらに、短期賃貸マンションでは自炊もできますし、洗濯機を使うことができるため、毎日の出費を抑えることもメリットとしてあげられます。

2-3.気軽に活動拠点を変えられるメリット

短期賃貸マンションは、気軽に活動拠点を変えられる点もメリットです。マンションは短期での滞在を前提としていないため、短期での賃貸契約自体ができないことがあるほか、急に引っ越ししたい場合でも、退去の1か月前やそれ以上前に申告する必要があります。
また、家具や家電も持ち出さなければいけないので、引っ越しの手間や費用もかかってきます。短期賃貸マンションの場合は、ほぼ手ぶらで移動ができます。あまり物を持たない人でしたら、引っ越し会社に依頼することなく、気軽に活動拠点を変えられます。
そのため、急に拠点を変える必要がある人や、コストや手間をかけて家具・家電をそろえたくない人、引っ越し代を抑えたい人にとっては、1年以上の滞在であっても、通常の賃貸物件よりメリットが大きいかもしれません。

3.短期賃貸マンションで短期滞在をするデメリット

メリットの多い短期賃貸マンションですが、いくつかのデメリットも存在しています。そのデメリットをよく知ることで自分にとって最適な滞在先を選ぶことが可能になります。

3-1.6か月以上の滞在になるとあまりコストパフォーマンスはよくない

短期賃貸マンションは、あくまでも短期滞在を前提としています。そのため6か月や1年など、長期滞在の場合は、通常のマンションより居住費が高くなるというデメリットがあります。

3-2.家具や家電を自分でチョイスできない

家具や家電が備え付けというのは一見便利ですが、家具や家電にこだわりのある人にとっては物足りなさや自由度の不満足を感じるなど、デメリットになるかもしれません。

3-3.滞在費は前払いである

短期賃貸マンションの滞在費は前払いです。1か月住むと決めた場合、1か月分の家賃を最初に支払わなければいけません。ホテルの場合、デポジットや都度利用のサービス費などを除く滞在費は退去する際に支払えばよいのですが、短期賃貸マンションは予約時にある程度まとまった支出が発生します。

3-4.途中退去でもお金は返金されない条件になっていることが多い

最初に1か月分の家賃すべてを支払いますが、仮にその期間中に退去したくなっても、返金は行われないという規定になっている会社が多いでしょう。例えば、仕事の都合で急に東京から大阪に移る必要ができたというときでも、キャンセル分の返金は原則されないことがほとんどです。
そのため、支払っていたお金が無駄になってしまう可能性があります。ホテルに連泊している場合でしたら、宿泊日数分の実績に応じたの支払いなので、予約キャンセル料が発生する場合などを除くと無駄な支払いは発生しにくいでしょう。

4.まとめ

短期賃貸マンションを通常の賃貸物件やホテルと比較した場合、滞在期間が1週間から6か月程度の短期になるとあらかじめわかっているのであれば、短期賃貸マンションで生活したほうが居住費を抑えられます。
家具・家電を自分好みにそろえられないこと、滞在費が前払いであること、途中退去の場合に返金されないことが多いことなどがデメリットになります。
しかし、こうしたことが大きな問題にならない人で、滞在期間が6か月以内の場合は、短期賃貸マンションが向いているでしょう。「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで短期でも滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。