2020
02.14

マンスリーマンションに住む場合のメリットとデメリット

仕事や会社の研修などで一時的に居住先を移したい。そんな時に便利なのがマンスリーマンションです。
仕事以外でも、家の建て替え時の仮住まいや、受験、就職活動など、短期的な住居が必要になるシチュエーションでも利用されています。
さまざまな人に利用されているマンスリーマンションですが、どのような点が便利なのでしょうか。
マンスリーマンションを利用する上でのメリット、デメリットをお伝えします。

1.一般的なマンスリーマンションの特徴

マンスリーマンションとは、主に1か月から数か月の短期滞在を前提として契約が可能なマンションのことを指します。一般の賃貸物件であるマンションやアパートは、1年以上の中・長期間の居住を目的とした契約となります。マンスリーマンションはそれほど長く滞在しないことが決まっている人や、数か月で転居したい人に適しています。

2.マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションに住むメリットは何でしょうか。代表的なものをまとめてみましょう。

2-1.メリット1「手ぶらで引っ越しができる」

多くのマンスリーマンションには、最初から洗濯機やエアコン、冷蔵庫、テレビなど最低限必要な家電や、テーブル、椅子、ベッドなどの家具が備え付けられているというメリットがあります。また、レンタルサービスでパソコンやアイロン、炊飯器、ズボンプレッサーといった便利なアイテムが借りられる場合もあります。
引っ越し業者の手を借りて荷物を大量に持ち込んだり、必要なものを買いそろえたりする必要がありません。極端な話ですが、身体一つで滞在先を変えることも可能です。

2-2.メリット2「初期費用がかからない」

マンスリーマンションは、一般のマンションのように敷金や礼金、仲介手数料などの初期費用が不要です。
管理費や寝具のレンタル費など、必要に応じて発生してしまう料金もありますが、一般の賃貸住宅の初期費用よりは抑えることができるのは大きなポイントです。マンスリーマンションの場合は家賃1か月分が初期費用の目安になります。
例えば一般のマンションで賃貸契約を結ぶ場合では、初期費用の総額が家賃に換算して4か月分から5か月分かかってしまうこともあります。それに比べると、初期費用を抑えられるのは嬉しいですね。
初期費用を抑えてマンションに暮らすのであれば、マンスリーマンションがおすすめです。

2-3.メリット3「電気・ガス・水道の契約は不要」

居住先を変えた場合、そのたびに電気やガス、水道などを契約し直す必要があります。さらに、近年はインターネットが生活に不可欠のインフラになっているので、インターネット回線の契約も必要でしょう。
引っ越しの都度、契約を結ぶのは手間ですし、特にインターネット回線の開通までには1週間から2週間かかってしまうことも少なくありません。
しかしほとんどのマンスリーマンションでは、光熱費や通信費はあらかじめ家賃に含まれている場合が多いです。最近の生活には欠かせないインターネット回線やWi-Fiは、新規に契約することなく、滞在初日からすぐに利用できる場合があるのは大きなメリットの一つです。

2-4.メリット4「立地に恵まれた場所にあるものが多い」

マンションやアパートを借りるとき、家賃を抑えようとすれば、駅から10分や15分ほどのやや離れた不便な物件を選ばざるを得ません。駅から離れていると、通勤・通学や買い物に不便な場合もありますし、特に年少者や女性は防犯面でも心配です。
しかし、マンスリーマンションは駅から近い場所に立地しているものが多く、買い物や飲食が便利であるのと、夜も人通りが多い場所が多いので、比較的安全に帰宅することができます。生活の利便性や安全を重視する人には、マンスリーマンションに住むメリットが多いでしょう。

2-5.メリット5「入居審査が比較的容易」

マンションなどを借りる場合、最初に入居審査があります。一定の収入があるのか、連帯保証人はいるのかなどを調べられ、場合によっては家賃保証会社を利用しなければいけないこともあります。
しかしマンスリーマンションでは、身元の確認ができて、家賃や必要な初期費用を用意すれば、比較的手軽に借りることが可能です。契約のスピードを重視する人には大きなメリットになります。

3.マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションはメリットばかりではありません。デメリットも知っておくことでご自身にあう適切な短期滞在先を選ぶことができます。

3-1.デメリット1「長期間滞在すると家賃は高め」

マンスリーマンションの家賃の相場は、家具・家電の設備や利便性の充実さから、高めといえるでしょう。
初期費用が不要なため、1か月から数か月間の利用であればマンスリーマンションが安い場合がありますが、半年から1年以上滞在する場合、通常の賃貸物件の方が安くなることもあります。
ただし、光熱費などが含まれてかつ家具や家電がそろっていること、初期費用がそれほどかからないことを考えれば、1年程度の滞在であれば、コストパフォーマンスは十分に優れているといえます。

3-2.デメリット2「家具・家電・インテリアにこだわれない」

マンスリーマンションは基本的な家具・家電があらかじめ用意されていますので、これがメリットである一方、自分のこだわりでそろえることはできません。また、一般的にはカーテンや内装がシンプルなものが多いので、インテリアにこだわりたい人には少し物足りないかもしれません。
しかし、最低限必要な家具・家電がそろっていて、インテリアの自由度に特にこだわらなくてもよい人には、特にデメリットにはならないでしょう。

3-3.デメリット3「他の部屋にどんな人が住んでいるのか、わからない」

マンスリーマンションは審査が比較的容易なので、さまざまな人が滞在している可能性があります。例えば観光客や海外の人が多いと、騒音など生活面で気になることがあるかもしれません。

3-4.デメリット4「住民票を移動できない場合がある」

マンスリーマンションは、所在する市区町村によっては住民票を移動できない場合があります。自治体の判断になりますので、住民票を移動したい人は、あらかじめ自治体に確認しましょう。

4.マンスリーマンションのメリット・デメリットのまとめ

マンスリーマンションのデメリットとして、設備や内装にこだわれない、さまざまな住民が住んでいるかもしれない、住民票を移せない可能性があるなどがありました。
一方、家具・家電がそろっている、電気など生活インフラの契約手続きが不要、立地が恵まれている、入居審査が比較的容易といったメリットがあります。
そして、1年以内の利用であれば、光熱費なども考えると一般の賃貸物件よりも家賃が安くなる傾向にあります。
こうした点を重視するのであれば、マンスリーマンションがおすすめです。

「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで短期でも滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。