2020
02.14

シェアハウスに短期滞在する場合のメリットとデメリットとは?

近年話題になっている住宅形態の一つにシェアハウスがあります。
一般的なシェアハウスは、1棟の建物のなかに、リビングやキッチンなどの共有スペースと住人それぞれの個室が用意されている共同住宅です。そのため、プライベートとコミュニケーションを両立した住宅になっています。
シェアハウスは、短期的に滞在する場合に生活する場所として向いているのでしょうか。シェアハウスを利用するメリットとデメリットをお伝えします。

1.シェアハウスに短期滞在するメリット

まずシェアハウスに短期滞在するメリットとしては、大きく3つの点が挙げられます。

1-1.短期滞在の利用では総じてコストが低い

シェアハウスは総じて居住のコストを安く抑えることができるケースが多いです。毎月の家賃は一般的なワンルームマンションやアパートと同程度になっており、広めの共用スペースを利用できることを考えると、割安だと言えます。
初期費用は1か月分もしくは数万円であることが多く、通常の賃貸物件で礼金・敷金を数か月分支払うのと比較すると、安く抑えられます。
短期滞在の場合、ホテルを利用することも考えられますが、仮に1日7000円の宿泊費だとしても、宿泊費だけで1か月約21万円かかりますので、コストを重視するのであれば、シェアハウスのほうがメリットがあるといえるでしょう。

1-2.寂しい思いをしなくて済む

シェアハウスに住む人の中には、他の人と一緒に生活ができる点をメリットとして挙げる人がいます。一人暮らしに慣れていない人は、特にホームシックにかかりやすいもの。シェアハウスではさまざまな年代・国籍・趣味・嗜好を持つ人が住んでいることがあります。そうした人たちと、共有スペースで会話を楽しんだり、時には食事をともにすることができます。
仕事仲間や趣味仲間を見つけることができるメリットを考えて、シェアハウスを利用する人たちもいます。
短期滞在だとしても「一人で生活するのが寂しい」という方は、いろいろな人とコミュニケーションをとりながら暮らすことができるシェアハウスを選んでみるのもよいでしょう。

1-3.さまざまなコンセプトのシェアハウスがある

シェアハウスにはさまざまなタイプの物件があることもメリットの一つです。
アパートやマンションの場合、基本的には専有部の中に全ての設備が用意されており、共有スペースでの入居者同士の交流が発生することは少ないのです。
しかしシェアハウスには、例えばエンジニアが集まるシェアハウス、シングルマザーや女性限定のシェアハウス、犬好きの人のためのシェアハウスなど、さまざまなコンセプトを持たせ、共通の趣味をもつ住人のみが暮らしている物件があります。
自分の趣味にあったシェアハウスを選んで短期滞在するだけでも、十分に楽しいものになるでしょう。ユニークなシェアハウスを選ぶことで、より楽しく滞在できます。

2.シェアハウスに短期滞在するデメリット

シェアハウスにはメリットもありますが、デメリットもあります。あらかじめデメリットを知ることで自分に合う滞在先かどうか、判断しましょう。

2-1.短期滞在を認めていない物件がある

まず短期滞在と言うと、1週間~1か月といった期間を想定している人が多いのではないでしょうか。しかし、シェアハウスによっては1週間や1か月程度の短期滞在を認めていないところもあるのです。
コンセプトが気に入って、「このシェアハウスは安いし住んでみたいな」と思っても、1か月だけの短期滞在での契約ができないこともあります。

2-2.プライバシーや防犯の問題

短期滞在に関わらず、シェアハウスで注意すべき点の一つとして、プライバシーや防犯の問題があります。一つの建物の中にさまざまな人が住んでいるので、自分のペースで生活できないこともあるでしょう。また、高価なものを使っていたり所有していたりすると、防犯面の心配があります。
一人でゆったりとした時間を過ごしたい人や防犯面が気になる人は、こうした点がデメリットになり、あまりシェアハウスは向いていないと言えるでしょう。

2-3.設備や備品を用意しなければいけない場合も

シェアハウスといっても、何も準備せずに住めるわけではありません。家具や家電、寝具などがそろっていない場合もありますので、こうした点が気になる人にとってはデメリットになるでしょう。また、共用スペースには冷蔵庫が備え付けられている場合がありますが、食材の保管に気を遣うことになるでしょう。

2-4.短期滞在とはいえ、他の住民との相性や人間関係を気にすることに

シェアハウスの場合、さまざまな人とコミュニケーションをとれるのがメリットである一方、性格や生活リズムが合わないと気疲れすることになります。
共用スペースは入居者がみんなで一緒に使うことになるため、全て自分の思いどおりに生活することはできません。短期滞在であっても、自分の時間を大切にしたい人や、自分のペースで生活したい人にはデメリットになるでしょう。

3.短期滞在はシェアハウスよりもマンスリーマンションという選択肢も

短期滞在で、滞在費を安く抑え、人間関係を気にせず、より安全な生活を求めるのであれば、シェアハウスよりもマンスリーマンションが向いています。

3-1.マンスリーマンションも初期費用は安い

マンスリーマンションに短期滞在する場合、敷金・礼金などが不要であるため、一般的なマンションやアパートのように初期費用がかかることはありません。シェアハウスよりも家賃が高めになることがありますが、それでもエリアや条件によって1か月あたりの滞在費用を10万円程度に抑えることは十分に可能です。また、自分が滞在したい期間だけ契約できるので、無駄な費用が発生しないメリットがあります。

3-2.家具や家電を用意する必要がない

ほとんどのマンスリーマンションの場合、短期滞在かどうかに関わらず、生活に必要な家具や家電などがあらかじめ用意されています。極論ですが、着替えとわが身だけで滞在することができるので、入居前のわずらわしさがないというメリットがあります。

3-3.人間関係や生活リズムを気にする必要がない

シェアハウスの場合、短期滞在であっても一緒に住んでいる人たちと性格や生活のペースが合わないとストレスを抱えることになりますが、マンスリーマンションは自分だけの空間での生活になるので、人間関係や生活リズムの問題で悩むことがありません。
またシェアハウスと比較すると、防犯上の心配もそれほどない点もメリットになるでしょう。

4.短期滞在先としてのシェアハウス

シェアハウスはさまざまなタイプの人とコミュニケーションできたり、同じ趣味嗜好を持つ人たちと一緒に暮らせたりする点は大きなメリットになるでしょう。
一方で、気に入ったシェアハウスでは短期滞在が認められなかったり、認められていたとしても、人間関係や生活リズムの面で気を使ってしまう可能性があります。
短期滞在先として、コストを抑えて、自分の生活リズムを守りたい人は、マンスリーマンションなどが向いています。何を重視するのか、しっかり検討してから滞在先を選びましょう。
「マイナビBiz」でも、家具・家電付きで滞在しやすいお部屋をご提案しております。
短期滞在のエリアや期間などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。