2020
02.14

「トリプルゼロ」の賃貸物件の理由とは? 何か問題は?

インターネットや情報誌で見つけたり、不動産会社から紹介されたりすると気になるのが「トリプルゼロ」の賃貸物件です。契約時にかかる費用を抑えられますし、借りる側に対して大家さんから配慮してもらっているという印象により、前向きに検討したくなるという人も多いでしょう。

とはいえ、トリプルゼロ物件はあまり一般的ではないため、なぜトリプルゼロになるのか理由を知りたいもの。この記事では、トリプルゼロ物件になる理由や問題点、検討する際に注意したいことについて紹介します。

1.トリプルゼロ物件とは

一般的な賃貸物件は、敷金や礼金、仲介手数料などの初期費用がかかります。最近増えているのは、初期費用のうち敷金と礼金がゼロの物件です。トリプルゼロ物件というのはトリプル、つまり3つのゼロがある物件という意味で、「敷金」と「礼金」に加えて「仲介手数料」もゼロという物件を指します。

仲介手数料とは、物件のオーナーに代わって賃貸物件の紹介や内見、賃貸契約などを行う不動産会社へ支払うもので、家賃の1か月分以内の範囲で支払うものです。

2.トリプルゼロになる理由は?

敷金と礼金、仲介手数料がかからないトリプルゼロ物件。とてもお得な物件に見えますが、その理由は何でしょうか。一般の賃貸物件とは違う条件や、人によってはマイナス要素になってしまう事情があるためにトリプルゼロの設定がしてあると考える必要があります。

2-1.マイナス要因になりうる条件がある

もっとも大きな理由は、他の物件と初期費用の条件が同じだと入居者が決まりにくい、何らかの理由があるからです。例えば、築年数がたっていて古い、浴室とトイレが一体になった3点ユニットになっている、駅やバス停から遠い、床が古い畳になっている、日当たりが悪いといったマイナスになる何らかの理由があることが多いでしょう。

敷金と礼金、仲介手数料をトリプルゼロにすると、契約時に大きなお金が必要ありませんので、マイナスになる何らかの理由があっても入居者が決まりやすくなるといえます。

2-2.契約のハードルを下げる

誰であっても、賃貸物件を契約するのに初期費用が安いほうがありがたいものです。とりわけ進学や就職、転勤などで引っ越しが必要になった人は出費もかさみますから、できるだけ安く契約できる賃貸物件を探す傾向にあります。

よほど立地や設備、内装などに大きな問題がなく妥協できる範囲なら、初期費用がかからないトリプルゼロ物件は契約への意欲が高まるもの。まとまった額の初期費用を準備するのが難しいけれど賃貸物件を必要としている人のために、契約のハードルを下げる目的でトリプルゼロの設定をしているケースも多いといえるでしょう。

3.トリプルゼロ物件の注意点

初期費用がかからないものの、契約するには注意が必要であるトリプルゼロ物件。どういった注意点があるのでしょうか。

3-1.初期費用が抑えられる分、家賃が高めの可能性が

場合によっては数十万円という金額になるだけに、賃貸物件を契約する際のネックになりやすい初期費用が抑えられるトリプルゼロ物件は、一見とてもお得なように感じます。しかし実際には、「契約時に回収しない」というだけで、長期的にみると支払うかたちになっているものがあります。

物件のオーナーは、空室だと家賃収入が入らないためできるだけ早く入居者を探そうとします。契約が成立すれば家賃収入が一定期間は確保されますから、契約がしやすいよう初期費用をゼロにします。ただし、本当は敷金や礼金は設定したいわけですから、その分を家賃に上乗せされている可能性があります。

上乗せされる金額は月額に換算すると数千円ですから、相場の家賃から大きく上がるわけではありません。しかし、結局は分割という形で初期費用を支払っているようなものという認識は持っておくほうがいいでしょう。

3-2.長期間住むほど割高になる

もし初期費用を上乗せされている場合、トリプルゼロ物件は同じ条件の賃貸物件よりも家賃が高めになってしまいます。例えば初期費用を2年で相殺できるよう設定してあった場合、3年目以降は相場より高い家賃を支払い続けることになるでしょう。また、上乗せされている金額に着目すると、年単位で換算するとそれなりの金額です。例えば1か月1万円の差だとすると、12万円多く支払うことになります。物件はどんどん古くなっていく一方で、相場より高めの家賃を支払い続けることになるのです。初期費用を支払う賃貸物件と比べると、長く住めば住むほど割高になってしまう可能性がある点を考慮しておく必要があります。

3-3.早期解約すると違約金が発生する場合がある

契約時に初期費用を回収しない分、家賃に上乗せしていることもあると述べましたが、もうひとつ、初期費用を回収するシステムが契約に組み込まれているケースがあります。それは早期解約による違約金の発生です。

トリプルゼロ物件には、契約後2年を経過せずに退去する場合、違約金を支払うというような契約条項が盛り込まれているケースもあります。
トリプルゼロ物件だからと即決したものの、入居してみたら住み心地が悪いのでまたすぐに引っ越すとなると違約金を請求される場合があるのです。契約を急いでしまう前に、契約内容をよく読んでおきましょう。

4.トリプルゼロ物件は契約条件に問題がないかしっかり確認すべし!

ここまで、トリプルゼロ物件の理由や問題点を見てきました。トリプルゼロ物件は初期費用が抑えられる分、トリプルゼロに設定している何らかの問題がある可能性があります。契約時に大きなお金がかからないという理由だけで契約を急ぐと、後悔して退去しようと思っても早期解約による違約金が発生してしまうなど、重要な項目を見落としてしまうかもしれません。

賃貸物件を契約する際は、契約内容や賃貸物件に関する「重要事項説明」が必ず実施されます。少し難しい内容も含まれているので、事前にコピーをもらって読み込んでおいて、説明を受ける当日に質問し、疑問を解消しておくことが大切です。

5.初期費用が気になる人は

敷金・礼金・仲介手数料をどうしてもゼロにしたい場合は、マンスリーマンションも選択肢の候補にしたほうがよいでしょう。
マンスリーマンションは初期費用がかからない上に、多くの物件で家具や家電も備え付けなので、それらを買いそろえる費用も発生しません。
2年以内にまた引っ越す可能性がある場合は、総合的に見るとマンスリーマンションのほうが費用面でお得な可能性があります。
こちらを検討してみてもよいでしょう。

「マイナビBiz」では、初期費用なしで家具・家電付き、短期でも滞在しやすいお部屋をご提案しております。
滞在のエリアや期間、予算などご希望内容を入力いただければ、最適な物件とサービスを無料でご提案いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。